個人再生の費用相場.com

MENU

個人再生の費用相場.com

個人再生に必要な費用と言うのは、裁判所に支払うものと、弁護士などに支払う報酬と言う形の2つの必要になります。
費用には相場と言うものがありますが、裁判所に支払う費用は、収入印紙代の1万円、官報掲載に必要な予納金となる約1万2千円と言う金額のお金が必要になります。

 

そのため、裁判所に対しての相場と言うのは一律であり、相場で大きな違いが出来るのは弁護士に個人再生の手続きを依頼する場合と言う事なのです。

 

尚、個人再生手続きを行う中で、個人再生委員が専任されるケースが有ります。
この場合は、報酬として20万円から30万円と言ったお金を支払う事になると言われていますが、弁護士や司法書士などに個人再生の手続きを依頼した場合は、金額自体は半額以下に減額されるケースが多いと言います。

 

因みに、個人再生は裁判所に対して、再生計画を提出して裁判所がその提出された内容で許可を下した場合に限り手続きが進められていく形になる債務整理です。
一般的には、弁護士や司法書士などの資格を持つ人に依頼をして債務整理を行いますが、自ら行う事も出来ます。

 

尚、自ら申し立てを行った場合は、先ほど説明を行った個人再生委員の選任は必ず行われることになり、費用報酬としての20万円から30万円と言った金額が必要になるのです。
しかし、弁護士や司法書士などに依頼をすれば、費用相場として30万円から50万円の金額が必要になりますし、仮に委員会の専任が行われることで費用としての金額は高くなることになるのです。

 

個人再生による債務整理は、僅かな返済能力が残されている事で、借金の額を約5分の1に減額をし、残りの債務を3年から5年と言う期間で支払って債務を整理していく方法です。

 

裁判所を利用して手続きを行うのが特徴で、裁判所が再生計画の許可を下すことで初めて手続きが行われる債務整理です。
また、住宅を所有している場合など、自己破産の場合では処分が必要になりますが、個人再生においての住宅の処分は無いため、マイホームを所有している人に最適とされる債務整理の方法と言われています。

 

弁護士や司法書士などに依頼をすることで費用報酬が必要になります。
費用における相場は30万円から50万円と言われていますが、借金の返済が困難になった人にとって、この相場は少々金額が大きいと言えます。

 

また、個人再生の手続きは弁護士や司法書士に依頼をしなくても手続きを行う事が出来ます。
この場合の費用相場は20万円から30万円と言われており、弁護士や司法書士などに依頼をするよりも安く債務整理を行う事が出来ると言うメリットが有りますが、手続きが複雑な事からも、個人で行うのではなく弁護士や司法書士などに依頼をし、報酬の支払いを行う人が多いと言われているのです。

 

尚、個人再生の手続きを進めて行くと、個人再生委員の選任が行われ、報酬が必要になります。
この報酬の費用といものが20万円から30万円と言われているもので、自ら個人再生の手続きを行う場合には必ず必要になる費用だと言います。

更新履歴